• shimizuya2011

素敵な柄付けの七五三お祝着お預かりいたしました。

秋らしい陽気となってきました。そろそろ七五三お祝いの準備をなされるお客様が増えてきたようです。

昨今では、新しいお祝着を購入される方の他にも、レンタル衣装や親戚、友人にお借りする方など、お祝着の準備の仕方はさまざまです。


このところ、比較的多く拝見するのは振袖などもそうですが、お母様がお召になったお着物をお嬢様がお使いになる件です。着物が代々受け継がれて行く素晴らしい風習がこれからも増えていくのではと感じています。

とは言え、何十年も保管されていたお着物です。少々カビや変色が出てしまい着用前にしみ抜きなども必要かも。先日お預かりした七五三お祝着も小さなカビがぽつぽつと。生地の状態も良くシミや汚れも無事に除去終了。


おそらく今回お預かりのお祝着も25~30年前のお着物かと思います。家族で同じお着物に袖を通せるなんて幸せなことですね。そして、なんと言ってもこの柄付け。おそらく手描きかと思われますが、童子が楽しそうに戯れる様子と雰囲気が本当に素晴らしい。感動。


着物のお手入れを通して素敵な着物に出会える私も幸せ者かもしれませんね。